土地建物の表示に関する登記・調査測量 桂川勇人土地家屋調査士事務所

  • お問い合わせ
  • お電話によるお問い合せお電話受付:平日9:00~18:00 0576-53-2036

土地家屋調査士とは

土地や建物の表題に関する登記や測量の専門家です

受託
土地家屋調査士広報キャラクター
「知識くん」

土地家屋調査士といっても、まだまだ一般の人にとっては馴染みがない職業ではないでしょうか?
言葉から連想すると、土地や家屋を調査する職業?と思われる方が多いかと思います。
土地家屋調査士は、測量や不動産の表題に関する登記の専門家のことであり、ご依頼を受けて、土地や建物の所在・形状・利用状況などを調査して、図面の作成や不動産の表題に関する登記の申請手続などを行う国家資格者です。一言で言うと、不動産(土地や建物)の表題に関する登記をするために必要な調査や測量を主な仕事としています。

土地家屋調査士と測量士は同じ測量をする国家資格として混同しやすいですが、土地家屋調査士は登記手続きを前提とした測量を行い、測量士は測量に関する計画を作成し実施する専門家として、国や公共団体が行う測量業務(基本測量、公共測量)に従事したりする際に必要となる資格になります。

土地家屋調査士は土地や建物の表題に関する登記や測量の専門家です。登記や測量、境界確定でお困りの際は、土地家屋調査士へご相談ください。

制度制定60周年
※土地家屋調査士は、昭和25年7月31日で公布された
土地家屋調査士法で創設されて国家資格で60年以上に歴史があります。

こんなときは土地家屋調査士へおまかせください!

  • マイホームを建てた時、増築、取壊しなど、建物の表題に関する登記の代理申請
  • 相続や贈与等で、土地を分けたいときや、逆に土地を1つにまとめたいとき
  • 土地の境界や面積を知りたいとき
  • 農地や山林を宅地に変更したいとき
  • 境界がわからなくなったとき
  • 法務局の地図に大きなズレがあったり、地番に誤りがある等、地図訂正が必要なとき